人気ブログランキング |

カテゴリ:つれずれの日記( 514 )

絵になろう

e0360589_21104036.jpg
絵になろう せめて命の あるうちに・Rakki
彼岸花を捜し歩いて ここまで来たが見当たらない まだ早いようだな
それでは?絵になろう とは自分の心に描いた目標に向かって進むこと
人と比べて決めるのではなくまあ自分の心のハードルみたいなものです
五分咲きのコスモスを見つけて自分が満足すればそれで充分なんです
赤い花は赤いなりに白い花は白いなりに じゃぁ私の孫より若そうな女?
写真に納めて満足すれは充分なんです何々?光と影の配分背景の花もです
じゃ~背景の電線は?と聞かれて う~~ん五線紙に音符を わが青春
野田町9月19日(写)
e0360589_21104961.jpg
^^
e0360589_21111210.jpg
^^
e0360589_21110495.jpg
^^
e0360589_21111988.jpg
^^
e0360589_21112861.jpg




by rakki07 | 2019-09-19 21:13 | つれずれの日記 | Comments(0)

e0360589_21080262.jpg

めらめらと 過去の焔に 逢いに秋

ほむらと言うほどのものでなくても、みんなある時期燃えたものが
あると思います勉強であれ、何かのレッスンであれ、あるいは恋であれ
遠くなっても思い出として生きているそれらを折に触れ懐かしく美しく
思い出しています 特にロマンティックな秋に長閑な時間を一人で凄し
花や蝶と戯れていればカメラを通して覗き見していると自然と甦ります
何でもいい脳が喜ぶものを見つけよう脳が喜ぶと言うことは滅多に無いヨ
自分も幸せになれるから!
9月16日(写)

e0360589_21081193.jpg


by rakki07 | 2019-09-16 21:09 | つれずれの日記 | Comments(0)

この指とまれ

e0360589_21543198.jpg
戯れごとは この指とまれ 秋の風・Rakki
地元の人は優しいですねアキアカネにここまで接近しお話出来る
なんか戯れ言を言っている様子だ魅力というより魔力かもしれない
戯れ言 これは何となく分かる 確認のため今辞書を引きました。
確かに思っていた通りでしたが、すると世の中には戯れ言が横行し
心地よい秋の風が旨く取り計らって戯言も戯れ事もホンマモンだ
9月14日(写)
e0360589_21544164.jpg


by rakki07 | 2019-09-14 21:55 | つれずれの日記 | Comments(0)

やがて秋

e0360589_21032657.jpg
それなりの 人生だった やがて秋・Rakki
やがて秋風が身に沁みるようになると不思議にいろいろな出来事が浮かんでは消え
グラデーションの秋色が目に浮かぶ頃 今でもどうしても人恋しくなるのです
クローズアップ写真のような 人生に逆光とは好ましからぬ出来事に遭遇してしまった
と言うことですが そんなときには必ずのように夢を見ていた頃の自分の姿を思い浮かべ
るものなんです しばしその中に浸って やがて現実自分の出来事に触れて我に返る
まぁ大体こんなことの繰り返しで人生やってきたように思います写真撮りながらブツブツ
西應寺・9月12日(写)
e0360589_21033577.jpg

e0360589_21034462.jpg


by rakki07 | 2019-09-12 21:04 | つれずれの日記 | Comments(0)

兎と亀

e0360589_21181809.jpg
Rakki作・兎と亀の愛情物語


by rakki07 | 2019-09-10 21:19 | つれずれの日記 | Comments(0)

秋匂う

e0360589_20362728.jpg

これからの ことは言うまい 秋匂う・Rakki

認知症の妻と生きるとき思い出は過去のものとなった

色々と言葉を尽くしても伝わらない思いや 思い出話

全てを取り込んで毎日をいくつも言葉を重ねて貫いてきた

花はなぜ咲くのだろう なぜそこに佇むのだろう

言葉が手に届く場所にあった私達はそうやって生きてきた

水生植物園 みずの森(セイロンライテァ)

e0360589_20362097.jpg


by rakki07 | 2019-09-03 20:36 | つれずれの日記 | Comments(0)

秋匂う

e0360589_19445013.jpg

これからの ことは言うまい 秋匂う・Rakki

認知症の妻と生きるとき思い出は過去のものとなった

色々と言葉を尽くしても伝わらない思いや 思い出話

全てを取り込んで毎日をいくつも言葉を重ねて貫いてきた

花はなぜ咲くのだろう なぜそこに佇むのだろう

言葉が手に届く場所にあった私達はそうやって生きてきた

甲賀市信楽・


by rakki07 | 2019-09-03 19:45 | つれずれの日記 | Comments(0)

鶏鳴の滝

e0360589_20071183.jpg

私はだあれ?だ~れでしょね~~ ハイ~~私です
DSの隙間時間この時間は有意義の使おう
我が地方では適量の雨が降ったから鶏鳴の滝の出かける
北九州地方では悲惨な水害が報じられてる
雨上がりの岩場は足が滑り転ぶ 上り道躓き転ぶ 最悪
信楽の狸に面会してヤット滝を撮る もう帰る時間だよ~

e0360589_20073550.jpg
ーー
e0360589_20085351.jpg

くるっと振り返る
視界のなか君の笑顔
滴る雫のはかなさ
瀧の轟音にも負けない
初秋の木の葉
二〇一九・八・二九
e0360589_20090046.jpg


by rakki07 | 2019-08-29 20:09 | つれずれの日記 | Comments(0)

もう秋

e0360589_10530859.jpg

野薊(ノアザミ)
アザミの花言葉『触れないで』

句読点 うてば小さな やがて秋

句読点を打てばそこで一拍おいたことになります…と思う
文章だけの話ではなく 毎日の生活においても…と思う
ここらで少し頭を冷やした ほうが冷静になれる…と思う
第三者の目で自分を見つめることが出来る…と思う
色々あるけど程の良い所で句読点を打ちながら やがて秋
朽木村・8/24(写)

e0360589_10531644.jpg


by rakki07 | 2019-08-28 10:53 | つれずれの日記 | Comments(0)

秋色

e0360589_22054913.jpg
百態を 知って動じぬ 自我の彩・Rakki
永く生きていれば火のときも水のときも みんな潜ってきたのです
ただその過程において考えられるだけ考えて対処してきたのです
後はなるようになる気持ちで悩まないそれが生き上手ではないだろうか
悩む前に状態をしっかり把握することが全てにおいて大切だと思う
そして手を打てば後はお任せ 何に?もちろん神さまですよ
火も水も通り抜けた人の醸しだす雰囲気を人は燻し銀と言うでしょう
朽木村・8/24(写)
e0360589_22055661.jpg


by rakki07 | 2019-08-25 22:06 | つれずれの日記 | Comments(0)

せっかくだから昔話をしましょうか


by rakki77
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る