凍てつく心

いつの間か 老いてしまった 影法師・Rakki

今日(6-7)特養に申込に行った 作った何枚もある用紙全パスだった

対応してくれた施設長さん 感じのいい人 温厚な人説明を聞きながら

涼しそうなガラスコップを眺めて なぜか僕には氷のコップに見えんだ

いつも箸二膳が一番だ!と思っていながら 施設に預ける僕は氷の心か

皆に相談し皆に教えられ自分が決めたこと 使命に向かって歩き出した

その時宇宙はサポートしてくれるだろうか 今はプレッシャーとの戦い

使命に向かって歩き始めてしまった はや急に怖くなって来てしまった

ふと見れば影法師はちゃんとそこにいる それにしても最近影法師の奴

シャンとしろ何だか小さくなったような気がするのは気のせいだろうか

ポエムの続きはブログへ(6-7)

e0360589_22140844.jpg

楽しみの 種バラまいて 今日を生き・Rakki

施設を出て車に乗り込んだとたん つかれた自問自答はこれで良いんか

向かうところは琵琶湖湖畔 小高い丘の上の公園っぽい処 見れば・・

天使のような けがれない乙女たち 舞い 踊り 跳ね 笑い 囁き

この世の楽園に辿り着いたようなありさま 忘れなあかん・今日のこと

e0360589_22150371.jpg


[PR]
by rakki07 | 2018-06-07 22:15 | つれずれの日記 | Comments(0)

せっかくだから昔話をしましょうか


by rakki77
プロフィールを見る
画像一覧