2017年 09月 05日 ( 1 )

山愛

e0360589_21023228.jpg

生きざまを 山また山と 語り合う・Rakki

キミが幻であるように ボクも幻の空想をだいて大空に走って行こう

キミがこの逆光線のなかで もし今が寂しいのならボクの心で埋めて

キミが涙を流すのならボクの手で拭うなり 涙隠して思いきり泣いて

キミがどこかへ行きたいのならボクの足を使っかて足りない一部になるよ

キミが本当に美味しいものを食べたとき 美味しいとしか言えないように

キミのこと好きだとしか言えないんだよ 後はキミと一緒に笑っていたい

9-2(写)


[PR]
by rakki07 | 2017-09-05 21:02 | つれずれの日記 | Comments(0)